本瓦造船株式会社

鞆の浦について

瀬戸内海の穏やかな海を臨む町、鞆の浦

瀬戸内海のほぼ真ん中、平安時代より「潮待ちの港」として栄えた景勝地「鞆の浦」に本瓦造船の3つの工場があります。

鞆の浦の紹介リンク

鞆の浦-仙酔島間を往復する渡船「平成いろは丸」。幕末に坂本龍馬率いる海援隊が乗り込んだ蒸気船「いろは丸」をモデルに、2010年に弊社で建造しました。マストは3本立て、船内もレトロな磁気コンパスやエンジンテレグラフ、木製の舵輪などを展示し、当時の雰囲気に近づけています。

古き良き建物に巡り会える町

  • 鞆の浦の絶景スポット「福禅寺對潮楼(たいちょうろう)」

  • 江戸時代の姿をそのまま残す港「鞆港」

  • 保命酒の造酒屋跡「太田家住宅」

  • ミニ美術館「鞆の津ミュージアム」

社員のおすすめスポット

  • 和菓子製造店「鳴門堂」
    さくら餅が美味!!
  • 常夜燈です
    夜の常夜燈は人も少なく、波音しか聞こえないので、とても良いスポットです。
  • 鞆の浦の手前に田尻港という漁港があり、そこで釣りをするのがおすすめです。7〜10月にはイワシ、アジ、タチウオなど沢山釣れますし、のどかで心が落ち着きます。
  • 仙酔島がおすすめです。
    夏は海水浴もでき、温泉やホテルに泊まることもできます。