本瓦造船株式会社

会社情報

沿革

昭和24年 4月 本瓦卓蔵が個人経営で木造船業を始める。
昭和39年 1月 小型鋼船の建造を開始。
昭和47年 2月 株式会社に改組。本瓦卓蔵が代表取締役社長に就任。
昭和48年 9月 構造改善事業に参加、新日光造船(株)、金山造船所、(有)田熊造船所の3社と業務提携。
昭和54年 5月 敷名造船(株)、広島船舶電気(株)、(有)日之出屋鉄工所の3社と業務提携。
昭和56年 3月 200kL積 硫酸タンク船を建造。以降本格的に特殊タンク船の建造を開始。
昭和60年 1月 第二工場を鞆鉄鋼団地内に新設。ブロック製造工場として稼働開始。
平成 2年11月 本瓦誠志が代表取締役社長に就任。
平成 3年 4月 CAD設計システムGRADE DASH及び配管設計システムGRADE/ESPを導入。
平成 6年11月 川鉄物流(株)殿向け プッシャーバージ式 RORO船団建造。
平成 9年12月 19G/T型 ポンプジェット推進方式の作業船建造。
平成10年 7月 IMO タイプ II 610kl 積み油送船兼ケミカルタンカーを建造。
平成10年12月 第二工場を3000㎡に拡張。
平成11年 4月 創立50周年を迎える。
平成12年10月 第二工場を8500㎡に拡張。
平成12年10月 286kL積 次亜塩素酸ナトリウム溶液運搬船を建造。
平成13年 6月 福岡市殿向旅客船兼自動車渡船を建造。以降本格的に旅客フェリーの建造を開始。
平成13年10月 350kL積 テレフタル酸ジメチルエステル(DMT)運搬船を建造。
平成14年 5月 800kL積 エチルアルコール運搬船を建造。
平成16年 5月 第二工場にNCプラズマ切断機を導入。
平成18年 2月 342トン積 G/T199型セメント運搬船を建造。
平成18年 8月 第二工場を10800㎡に拡張。40トン吊走行ジブクレーンを設置。
新ドック建設開始。
平成19年 2月 第二工場にG/T850トンまで建造可能なNo.2船台が完成、稼働開始。
平成19年 3月 通算10隻目の塩酸タンク船を建造。
平成19年 10月 IMO タイプ II 1260kl 積み油送船兼ケミカルタンカーを建造。
平成21年 3月 ISO9001:2000を認証取得。
平成21年 4月 創立60周年を迎える。
平成21年 10月 G/T499型電気推進船SESケミカルタンカーを建造。
平成22年 7月 セメント船「清見丸」がマリンエンジニアリング・オブ・ザ・イヤー 2009受賞
平成22年 10月 第二工場に形鋼NCプラズマ切断機を導入。
平成23年 4月 No.2船台をG/T1200トンに拡張。
平成23年 9月 第二工場事務所を新社屋へ移転。
平成24年 6月 No.2船台をG/T2000トンに拡張。
平成24年 7月 本瓦 誠が代表取締役社長に就任。
平成26年 11月 本瓦 誠志会長が旭日双光章を叙勲。
平成28年 5月 第三工場を本格稼働開始
平成29年 5月 作業船「梅丸」がシップ・オブ・ザ・イヤー2016 漁船・作業船部門賞 受賞